レザーバッグの素材

知っておきたい、レザーバッグの素材の種類

レザーバッグに使用されるレザーにはいろいろな種類があります。ちょっとご紹介しましょう。

●オイルレザー
レザーにオイルやロウを大量にしみこませ、丈夫さと耐水性を強化したもの。使い込みほどに味が出てきます。

●もみ革
レザーを揉んで、シボ(レザーのしわ)を出させたもの。独特のしわがレザーバッグのデザインの魅力をうまく引き出してくれます。

●シュリンク
熱や薬剤でレザーを収縮(シュリンク)させ、シボをさらに出させたもの。柔らかくなるので、使いやすいレザーバッグになります。

●型押し
表面に高温高圧のプレスをかけて、凹凸を作ったもの。ワニ革風に加工されることが多くありますが、技術の向上が目覚ましいため、素人目には見分けがつきません。

●パテントレザー
表面にボイルアマニ油やワニスを塗って乾かすことを繰り返し、光沢を出させたレザー。今はウレタン樹脂を使用することも増えています。エレガントな雰囲気とフォーマル感が漂うレザーです。

●ガラス張り
表面にガラスやホーロー板を張り付けて乾燥させてから、サンドペーパーで削って、さらに樹脂を吹き付けたもの、お手入れが簡単というメリットがあります。男性向けのレザーバッグによく使用されるレザーです。

●ヌメ革
なめしたレザーを着色せず、本来の風合いを生かしたもの。薄茶色やベージュで、人気の高いレザーです。

●スエード
レザーの裏側をサンドペーパーで毛羽立たせ、短く起毛させたもの。毛足が短く、細くて柔らかなものほど良質です。特にシルキースエードは高級品。

●ベロア
スエード同様にレザーの裏側をサンドペーパーで毛羽立たせ、起毛させたものですが、ベロアはさらに細かくなっています。柔らかい質感のシルキーベロアは高級品です。

●ヌバック
レザーの表面をサンドペーパーで加工し、起毛させたもの。手触りが非常に柔らかく、しっとりときめ細かい手触りが特徴です。女性向けのレザーバッグに多く使用されています。

コメントを残す